当院の教育体制(クリニカルラダー・キャリア開発ラダー)について

047-488-1555 受付時間 9:00~17:00

MAIL MENU

教育体制EDUCATIONAL SYSTEM

  • TOP
  • サポート体制
  • 教育体制

豊かな人間性、専門知識・技術を身に付けた看護師を育成するため、当院は、新入職員教育計画に合わせたプログラムで、すべての看護師が学習できる環境を整えています。

教育理念

「確かな知識・技術・豊かな感性」を備え、看護を提供できる社会人として自律した看護師を育成する。

教育方針

  • 1)社会人として専門職業人として自律した看護師を育成する。
  • 2)より臨床実践に近い研修を行う。
  • 3)スムーズなOFF-JTとOJT 教育の連動を図る。
  • 4)科学的根拠に基づいた高い知識・技術の習得を目指す。
  • 5)変化する社会情勢に対応するために、自己啓発する看護師を育成する。

求められる能力

  • 1)障がいの克服へと導くために、患者さんの生活・背景、認知に応じたコミュニケーションを取り、信頼関係を築くことができる。
  • 2)安全で効果的にリハビリテーションが行えるように、心身機能やや環境を整えることができる。
  • 3)患者さんのリハビリ意欲を引き出せるような関わりをすることで、行動変容を促すことができる。
  • 4)生活の再構築に向けて患者さん・ご家族の希望を取り入れた目標を設定、管理することができる。
  • 5)患者さん・ご家族の目標達成のために、スタッフ間および多職種と協働し、チーム医療を推進できる。

現任教育の概要




院内研修

新入職者研修

新入職員の皆さまにはプログラムに沿ってオリエンテーションを実施しています。緊張を和らげるためにプリセプターシップのもと職員全体で支援しています。

日々の勉強会

週3~5日、5分程度実施しています。各々が身近なテーマで手書きのシートに書き込みプレゼンします。手書きにすることで、印象付けられ実践力が高まります。

新人&先輩ナース1対1の「3.3.3 懇親会」

「職場環境に慣れない」、「失敗しちゃった…」と落ち込みがちな時期(入職後3日目、3週間目、3か月目)に懇親会を開催。先輩があなたの悩みをじっくり聞きます。仕事中には話せないことでも、白衣を脱いだら気軽に伝えられますよ!
※病院より補助金あり

グループ研修

関東・九州のグループ単位、病院単位で定期的に研修会を実施。
外部から講師をお招きし、幅広い知識を習得していきます。
別病院の研修会に参加することも可能で、病院・職種を越えた交流の場にもなっています。

勉強会のテーマ例
1.医療安全管理者研修(巨樹の会関東グループ主催にて実施)
2.BLS研修(各病院ごと実施)
3.接遇研修(各病院ごと外部講師により実施)
4.医療トピックス等

海外研修

毎年、希望者を対象に海外研修を行っています。リフレッシュも兼ねた「オーストラリア」「アメリカ」、提携施設を視察する「カンボジア」、最新医療の現場に触れる「ドイツ」など、行き先や目的は多彩。この研修を通じて世界に視野を広げることができます。

カンボジア研修

デンマーク研修

デンマーク研修




看護研究の実績(2015・2016年)

横にスクロールしてご覧ください。

演題名発表形式学会名
転倒のゴールデンタイムにおける人員増員の効果 ポスター最優秀賞受賞

千葉県看護研究学会

内服管理で生じる看護師の「迷い」の減少に向けた取り組み ポスター

千葉県看護研究学会

退院指導の統一を目指して - 退院指導クリティカルパスの作成 - ポスター

回復期リハビリテーション病棟協会

第25回研究大会in愛媛

脊髄損傷患者の更衣時の苦痛緩和を目指して 口演

回復期リハビリテーション病棟協会

第29回研究大会in広島



看護補助者の教育

当院は、看護補助者には「手伝い」や「手助け」といったサポートではなく、「介護技術」に携わってもらいます。ステップ表は入職日より介護技術習得における目安として進めております。介護福祉士の免許を持たない、介護経験がない方も介護技術を修得できるようチェックリストを用いて支援いたします。

PAGETOP